ブログ

ブログ

おふろのリフォーム、ご好評いただいています!|奈良・大阪の新築・リフォーム パーシモンホーム 日都建設

こんにちは、Persimmon Home(パーシモンホーム)日都建設です。

 

今年の冬は各地で雪も多く、特に寒さが厳しいですね。

そのこととも関わりがあるのか、ここのところ浴室のリフォームについてのご要望が増えています。

30年ほど前には在来工法(タイル)のお風呂が主流でしたが、近頃はユニットバスが大きく進化し、大変快適になっています。

今日は、最近のユニットバスの魅力についてご紹介したいと思います。

 

まずユニットバスとは、浴室を構成する壁・床・天井などをあらかじめ工場で成型し、施工現場で組立てて完成させる浴室のことです。

タイル貼りのお風呂に比べて防水性が高く浸水もないので家を傷めにくい上、工事期間が短く、費用も安くなっています。

弊社では、1週間前後で施工し、4日目には入浴していただけます。

さらに、最近のユニットバスは機能が大変充実しています。

ひとつは、素材や形状、表面処理加工の進化により、床や浴槽・排水口の掃除が大変楽なことです。

次に、浴槽・浴室全体の保温性やシャワー・水栓の節水効果が高く、水道代・光熱費を大幅に節約できることも見逃せません。

 

↑リフォーム前

 

↑リフォーム後。3枚扉の引き戸で開口が広く、段差は少なくなりました。

立ち座りのしやうすい高めの風呂椅子、滑りにくい床と安心して入浴できるバスルームに。

 

また、リフォームの折には、浴室暖房乾燥機への関心も非常に高くなっています。

今のように寒い時期の入浴は、暖房の効いたリビングと寒い脱衣室・浴室との気温差に注意が必要です。

急激な温度変化により血圧が急激に上昇したり下降したりして心臓や脳に大きな負担がかかる「ヒートショック」を予防するために、あらかじめ浴室をあたためておくことは大変有効な対策です。

弊社では、浴室暖房乾燥機が新築時の標準仕様になっている上、リフォームの方にも新築時と同様にお得な価格で取り付けをしていただけます。

関心をお持ちの方は、ぜひお声がけいただければと思います。

 

「Persimmon Home(パーシモンホーム)法隆寺モデルハウス」でお待ちしております。

お電話にて予約をしていただけると、よりスムーズです。

■オープン時間/午前10時~午後5時(水曜・祝日は休み)

■電話番号/0745-74-3269