デザイン・設計

DESIGN

パーシモンホームが考える「住まいのデザイン」

家族が集い、育ち、人生の多くの時間を過ごす「住まい」。

家族それぞれが支度をして元気に出かけようとする朝、にぎやかに食卓を囲む夜、趣味に没頭する休日…。
どんな住まいなら、
家族みんなで心豊かに過ごせるでしょうか?

住宅のデザインとは、お気に入りの壁紙や照明といった内装のことだけにとどまりません。日が差し、風の通る気持ちよい室内環境、スムーズな生活動線、使いやすい収納など、お客様ご家族の暮らしに根ざした「設計」のすべてを指します。

「どんな住まいなら…?」の答えは、ご家族の数だけ見つかります。

パーシモンホームには、
いわゆる「パーシモンホームっぽい家」は
ひとつもありません。

とことんお客様の好みや想いを汲み取り、実現する家づくりに専念しています。

01お客様の理想の家を叶えるために

設計士に直接、「住みたい家」のことを話してください。ご家族みんなの想いを叶える家づくり。

パーシモンホームでは、間取りや設備、内装・外装プランのすべてを社内の女性設計士が承り、お客様のお話を直接伺って、ご納得いただけるまで一緒にプランを作り上げていきます。

「住みたい家」への想いは、ご家族それぞれです。
ご夫婦でも同じ意見ばかりでなく、別の想いがあるときも。

家は家族みんなで暮らすものだから、
誰も置き去りにならないように。

ご家族のいろいろな想いを汲み取り、時には交通整理をしながら、一つの家にまとめていくのが設計士の仕事だと考えています。

02
家づくりのスタートは現地調査から、日当たりと風通しのよさが設計の基本

プランにおいて設計士が一番大切にしているのは、
日当たりと風通しです。

土地によって方角や広さはさまざまですが、
なるべく南からの日が取れるように、心地よい風が通るように。

図面を描く前には現地へ何度も足を運び、
周りの建物の様子、日陰がどこまで伸びているかなどを観察します。

敷地から心地よい住空間を計画し、施主様の求められる

間取りとつなげていくことが家づくりの出発点です。

03
図面は何度でも描き直します。

後悔のないよう今とことん一緒に考えましょう。

プランの間は、いろいろな会社の話を聞いたり、ショールームを見たりするたびに考え方が変わることはよくあります。
設計士との打ち合わせの場では気づかず、
後でいろいろと思いつくことも。

そんなときは遠慮せず、

どんな小さなことも伝えてください。
時にはご要望いただいたことに優先順位を立てたり、代案を検討したりする場合もあります。

対話を重ね、図面を何度もバージョンアップさせて、納得のいくプランを一緒に作り上げましょう。

04
パーシモンホームが建てる家は、
「きれいが続く、収納上手な家」

プラン中のお客様に現在のお住まいのお悩みを伺うと、

「収納が足りない」、「部屋にものがあふれてしまう」と

おっしゃる方が少なくありません。

ご新居で快適な生活空間を楽しむためには、
とりあえずの収納ではなく、
必要な場所に必要な量の収納を効率よく造る
「適材・適所・適量」の収納

を計画することが大切です。

そこでパーシモンホームでは、
「きれいが続く、収納上手な家」というコンセプトで、

ご家族の生活やお持ちものを見つめ直し、

計画的に収納を造ることを提案しています。

「きれいが続く、収納上手な家」は、
施主様と設計士の丁寧な打ち合わせから生まれます。

玄関・リビング・キッチン・洗面所・寝室…
それぞれの場所で使うものを適切に収納するためには、

家族の日常の動線を想定したり、
必要な収納の大きさや量を見定めたりすることが必要です。

パーシモンホーム法隆寺モデルハウスには、
シューズクロークやパントリー、階段下収納など、

住まいの様々な場所にある収納の実例がたくさん。
深さや高さ、使い勝手を施主様に実際に確認いただきながら、

一緒に収納の計画を立てていきます。

Example

施工例からみる、収納アドバイス

斑鳩町F様邸

棚板の幅もコンセント位置も。
施主様の計画通りに大工が造作した

リビング収納。

プランの際、「今まで使っていたテレビラックも利用して、

こんな収納をリビングに造りたい」と、詳細な手描きの絵で

伝えてくださった施主様。

絵を忠実に図面に起こし、
コンセント位置など現場での詳細な打ち合わせを経て、

大工さんの造作でリビング収納が完成しました。

完成後ご新居に伺うと、
絵の通りにきちんと収納されているのを拝見して、とても感激しました。

Example

施工例からみる、収納アドバイス

羽曳野市O様邸

玄関からつながるシューズクローク+ファミリークローゼット。
帰宅後、LDKに余分な荷物を持ち込まない動線。

玄関まわりがスッキリ片付いて人気の定着した
ウォークインタイプのシューズクローク。

こちらのお住まいでは、「靴を脱いだ後にコート類やカバンもリビングに

持ち込まず片付ける場所を造りたい」とのご要望に応えて、

ハンガーを掛けるポールや可動棚のある
ファミリークローゼットをつなげて配置しました。

たくさんお客様がいらしても、
きちんと上着を掛けることができる安心の大容量です。