ブログ

ブログ

設計時にしっかり考えておきたい窓の配置とその種類|奈良・大阪の新築・リフォーム パーシモンホーム 日都建設

こんにちは、Persimmon Home(パーシモンホーム)日都建設です。

今日は窓について考えてみたいと思います。日当たりや風通し、眺望、家の外観、防犯など、住み心地に大きく影響する窓。間取りと同様に、設計時にしっかりと考えておきたいのが窓の配置、種類です。

掃き出し窓や引き違い窓のない外国の家に比べると、日本の家は昔から窓が多く、日本人は窓が大好きだと言えます。明るく開放的なリビングに惹かれて、設計時には窓を大きく、数多く計画したくなりますが、以下のような点もあわせて考えておく必要があります。

 

・家具の配置や収納のためのスペースとして、壁面も充分に確保できているか。

・窓を開けたときに、隣地や外からの視線が気にならない位置・形状かどうか。

・通風(風の通り道を作る)や方角(日当たりの強い南や西向きの窓など)に配慮しているかどうか。

 

リビングの窓を考えるとき、メインはベランダへの出入り口にもなる「掃き出し窓」ですが、通風のためのサブ窓として従来の「引き違い窓」のほかに最近人気のあるのが「縦すべり出し窓」です。

「縦すべり出し窓」とは、家の外側に窓ガラスが90度まで開く縦長の窓で、外観・内観ともすっきりとしたデザイン、壁面量が確保できること、適度に視線をさえぎることができること、すべり出した窓から風がよく入ることなどメリットも多くなっています。

さらに引き違い窓に比べて気密性も高く、窓まわりで室内の快適な温度が失われにくいことも魅力です。

窓の特徴を理解し、適材適所の窓選びをすることは心地よい住まいづくりに欠かせません。

弊社では、平面図のほか、VR(バーチャルリアリティ)でも確認していただくことができます。わかりにくい点は設計者に相談していただいたり、実際にショールームで見ていただいたりするなど、納得のいく窓選びをしていただければ幸いです。

ご家族にとって快適で暮らしやすい家を、一緒に考えましょう。

「Persimmon Home(パーシモンホーム)法隆寺モデルハウス」にてお待ちしております。

お電話にて予約をしていただけると、よりスムーズです。

■オープン時間/午前10時~午後5時(水曜・祝日は休み)

■電話番号/0745-74-3269

 

※誠に勝手ではございますが、8月11日(土)~16日(木)は夏季休業日とさせていただきます。

ご不便をおかけいたしますが、ご了承賜りますようお願い申し上げます。