ブログ

ブログ

こまめな点検・修理で、長生きする家を|奈良・大阪の新築・注文住宅・リフォーム パーシモンホーム 日都建設

こんにちは、Persimmon Home(パーシモンホーム)の日都建設です。

今年は、大阪北部地震や7月の豪雨、9月の台風来襲と、関西に大きな被害をもたらす自然災害が続きました。大切なお住まいに被害を受けた方も多かったと思います。弊社でも、多くのお客様のお住まいの補修や点検にお伺いしました。
今回の災害と住宅への被害を経験して感じるのは、早め早めの点検・修理の大切さです。

普段から家の中なら目が届き、修理が必要な箇所は早めに気づくことも多いと思います。しかし、外まわりについては意外と気がつかないものです。
お住まいのまわりをぐるりと歩いてみてください。

屋根に上がることまではできませんが、左官屋さんの塗った基礎や塀に亀裂がないか、サイディングなら継ぎ目のコーキングが切れていないか、雨樋や樋を支える金具がゆがんだり外れたりしていないかなど、自分の目でチェックできる箇所はたくさんあります。

これらのちょっとした兆候をそのままにせず、こまめに手を入れることで家は守られます

大きな台風が来るまでにも荒天や経年の劣化などで、波板やポリカーボネートの屋根のビスが抜けてきていたり、瓦がゆるんできたり、木の部分が腐ってしまったりと、少しずつ傷んでくる箇所があります。
家の中では、在来工法のお風呂と洗面所の継ぎ目や、タイル敷きで水抜き穴のあるトイレの床、そのほかにも湿気を帯びてふくらんできた床などは土台が腐っている可能性があり、注意が必要です。

このような傷みの兆候をそのままにせず、気になった時にメンテナンスしておくことで、家の寿命は延ばすことができます。逆に放置してしまうと劣化が進んでしまい、大きな補修が必要になってきてしまいます。
ぜひ日頃のチェックを習慣にしていただき、気になる点があれば、工務店へ早めにご相談いただければと思います。

ご家族にとって快適で暮らしやすい家を、一緒に考えましょう。
「Persimmon Home(パーシモンホーム)法隆寺モデルハウス」にてお待ちしております。
お電話にて予約をしていただけると、よりスムーズです。
■オープン時間/午前10時~午後5時(水曜・祝日は休み)
■電話番号/0745-74-3269

日都建設 パーシモンホーム
インテリアコーディネーター/二級建築士/福祉住環境コーディネーター
大北 澄