ブログ

ブログ

<リフォーム事例紹介>段差のある和式トイレをバリアフリーの洋式便器に。|奈良・大阪の新築・リフォーム パーシモンホーム 日都建設

こんにちは、Persimmon Home(パーシモンホーム)日都建設です。
今回は、昨年末に完成したリフォーム工事について紹介したいと思います。
K様邸のトイレの改修工事です。

農業を営まれているお家では、農作業の後などに土足のままで使用できる別棟のトイレをつくられていることも多いと思います。
K様邸も、母屋のトイレとは別に和式便器と男性用小便器のある別棟のトイレがあります。

しかし、高齢のご家族にとって和式の便器はしゃがまなければ使えないことと段差があるということで使いにくく、このたび隣接した浴室のリフォーム工事と一緒に洋式便器に取り替える工事をおこなうことになりました。

施工の行程は、まず和式便器と段差にあたる部分を撤去し、下地を補強して新たにタイルを貼ります。
壁のブルーのタイル、床の玉石のようなモザイクタイルと全く同じものはなかったため、できるだけ色や雰囲気の似たタイルを選びました。
以前からのタイルと新しいタイルが違和感なく収まるように見切りをつけています。

その後、洋式便器を据え付け、つかまりやすいL字の手すりとペーパーホルダー、温水便座用の電源をつけました。
また、後ろに振り返って水を流すのはお年寄りにとって難しいため、洗浄ボタンつきのリモコンがある便器を選んでいます
外壁の塗装もおこない、工事が無事に完了しました。(写真は1枚目が完成写真、2枚目がリフォーム前です)

トイレに段差がなくなり、使いやすく転倒などの心配がない洋式便器になったことで、施主様ご家族にはとても喜んでいただいています。
K様には、折々のリフォームを通じて20年以上お付き合いいただいていることに弊社一同感謝申し上げます。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

ご家族にとって快適で暮らしやすい家を、一緒に考えましょう。
「Persimmon Home(パーシモンホーム)法隆寺モデルハウス」にてお待ちしております。
お電話にて予約をしていただけると、よりスムーズです。
■オープン時間/午前10時~午後5時(水曜・祝日は休み)
■電話番号/0745-74-3269

日都建設 パーシモンホーム
インテリアコーディネーター/二級建築士/福祉住環境コーディネーター
大北 澄