ブログ

ブログ

<浴室リフォーム工事 施工事例>リフォーム工事もお気軽にお問い合わせください|奈良・大阪の新築・リフォーム パーシモンホーム 日都建設

こんにちは、Persimmon Home(パーシモンホーム)の日都建設です。

寒い季節は、洗面所・浴室が冷え込むというお悩みからリフォーム工事のご依頼も多くいただきます。
今回ご紹介する施主様も以前から浴室のリフォームを検討され、いろいろな会社さんをご覧になっていました。
なかなか決められず迷っておられたときに、弊社で浴室リフォームの工事をされたご近所の方から弊社の話を聞いてくださり、打ち合わせを重ねたところ、弊社に頼みたい、と工事を依頼してくださいました。

 

弊社のプランを気に入ってくださったポイントのひとつ目は、「寒くて、洗面所では体が震えるほど」とおっしゃっていた浴室・洗面室の壁をすべてはがし、しっかりと断熱対策をとったことです。
また、洗面所にはもともと勝手口もありましたが、出入りには使っておらず寒くて不要だとのことで、勝手口を取り、壁と窓に替えました。

 

ふたつ目は、浴室を広くするために壁を移動したことです。
現状の浴室のスペースでは小さなユニットバスしか入らないため、あと200mmほど洗面所側へ壁を移動して浴室を広げるというプランを提案しました。
これが他社にはなかったプランだということで採用となりました。

洗面所はその代わりちょっと小さくなりますよ、とお伝えして工事をしましたが、「スッキリした分、全然狭く見えないわ」ととても喜んでいただいています。

写真1枚目/正面の窓と壁は、もともと勝手口があったところです。

写真2枚目/広くあたたかくなった浴室を喜んでいただけました。

写真3・4枚目/施工中。壁を全てはがし、断熱を入れて配管も取り替えました。

 

リフォーム工事は、新築の場合とは違って何よりも現場の状況が優先されるため、弊社では事前の下見を特に念入りにおこなっています。
とりわけ浴室のリフォームは、現場を見て浴室を解体したにもかかわらず、そこに発注した浴槽が入らないとなることは絶対にあってはならず、施主様にご不便をおかけするため工事期間もできるだけ短くしていることから、特に気をつけています。

平均的な工事までの流れは、
①弊社での打ち合わせ 
②現場の下見 
③プランと見積もりのご提案 
④大工さんを伴っての現場の下見 
⑤ショールームに行く 
⑥弊社での最終的な打ち合わせ、ご契約
となっています。

施主様にご納得いただけるように綿密に打ち合わせをし、経験を積んだ大工が現場の状況を事前にしっかりと確認した上で、工事を進めています。
お住まいのお悩みがございましたら、ぜひ遠慮なくご相談いただければ幸いです。

ご家族にとって快適で暮らしやすい家を、一緒に考えましょう。
「Persimmon Home(パーシモンホーム)法隆寺モデルハウス」にてお待ちしております。
お電話にて予約をしていただけると、よりスムーズです。
■オープン時間/午前10時~午後5時(水曜・祝日は休み)
■電話番号/0745-74-3269

日都建設 パーシモンホーム
インテリアコーディネーター/二級建築士/福祉住環境コーディネーター
大北 澄