ブログ

ブログ

【法隆寺モデルハウスのここに注目】②インテリアの楽しみが広がる2階をご覧ください

こんにちは、Persimmon Home(パーシモンホーム)の日都建設です。この6月で、Persimmon Home法隆寺モデルハウスはオープン2周年となります。

この2年間、多くのお客様にお越しいただいて、弊社の家づくりの姿勢や取り組みをご理解いただいたり、お客様がこれから建てられるお住まいのプラン立ての参考にしていただいたりと、モデルハウスでお客様と共に楽しく、充実した時間を過ごせていることに弊社一同深く感謝いたしております。

 

 

そこでこの機会に、改めて法隆寺モデルハウスの見どころをご紹介したいと思います。

前回は、とりわけ女性のお客様にご好評いただいている1階のインテリアをご覧いただきましたが、今日はガラリと雰囲気の違う2階インテリアを紹介したいと思います。

 

 

アイアンの手すりのリビング階段を上ると、2階の事務所はダークブラウンと黒を基調にした、ヴィンテージ感のあるブルックリンスタイルの落ち着いた空間です。古いレンガ調の凹凸感のある仕上げが印象的な壁のタイル使いや、オイル仕上げの無垢フローリングなど、男性的でかっこいいイメージを目指しています。

1階とは全く違う要素をセレクトしたインテリアに、お客様も「1階と2階でインテリアをこんなにも変えて楽しめると発見した!」と喜んでくださいます。

 

また、天井高についても違いを体感いただけます。

モデルハウスの1階ダイニング部分は天井高が2m60cm2階は一般的な高さである2m40cmです。弊社の建てる家は、1階は広々と感じていただける天井高2m60cmを採用していますが、1階と2階で異なる天井高に、「たった20cmなのに2階がすごく低く感じる」「天井高の違いで、広さや開放感が変わってくる」とその違いを実感いただいています。

天井高に合わせてサッシの高さも高く、腰窓は1m17cm、掃き出し窓は2m20cmの高さになっており、採光の面でもメリットがあります。

 

1階と2階のテイストの違いはインテリアの楽しみを広げ、きっとお客様の家づくりに新たなアイデアをもたらすことと思います。

奈良・大阪での家づくりをご検討中の方は、ぜひお気軽にモデルハウスにお越しいただければ幸いです。

 

【法隆寺モデルハウスのここに注目】①女性の視点で、自分らしく過ごせるインテリアに

は下記のリンクよりご覧いただけます。(2019/5/7掲載)

 

ご家族にとって快適で暮らしやすい家を、一緒に考えましょう。

「Persimmon Home(パーシモンホーム)法隆寺モデルハウス」にてお待ちしております。

お電話にて予約をしていただけると、よりスムーズです。

■オープン時間/午前10時~午後5時(水曜・祝日は休み)

■電話番号/0745-74-3269

 

日都建設 パーシモンホーム

インテリアコーディネーター/二級建築士/福祉住環境コーディネーター

大北 澄