ブログ

ブログ

住宅資金や住宅ローンについても、お気軽にご相談ください|奈良・法隆寺の新築・リフォーム パーシモンホーム 日都建設

こんにちは、Persimmon Home(パーシモンホーム)の日都建設です。

住宅資金のご相談の中で、「自己資金はどのぐらいあるといいのだろう」というご質問をよく承ります。「総予算=自己資金額+住宅ローン借入額」と考えると、自己資金は総予算の20%が用意できれば理想的ですが、そこまでは自己資金が足りないという方も多くなっています。
そのような場合は、今支払われている毎月の家賃から考えてみることもあります。だいたい毎月の家賃プラス2万円ぐらいをローンに回される方が多いので、そこから借り入れ可能額を検討するケースもあります。

自己資金が少ない場合でもよく選ばれているのが「フラット35」です。住宅ローンの開始から終了までの全期間(最長35年)で固定金利が適用されるため、金利変動リスクがなく、計画的な返済をおこないやすい点が魅力です。

フラット35には他にも特色があります。
ひとつは、銀行ローンでは団信(※団体信用生命保険:住宅ローン契約者が万一死亡してしまった場合、保険金で残りの住宅ローンが弁済される保証制度)の加入は必須ですが、フラット35では加入する・しないを選ぶことができます。健康上の理由などで団信に加入できない人は銀行ローンを組めませんが、フラット35であれば利用できます。
また、多くの民間金融機関の審査項目には「勤続年数」の要件がありますが、フラット35にはありません。病気についても半年以上前は問わないなど、ローンを受けやすい仕組みになっています。

家づくりにおいて大切な資金計画について、ご不明な点や迷われていることはないでしょうか。弊社では、家を建てた後にも無理なく生活を楽しんでいただけるようにと、住宅資金についても親身にご相談に応じています。
ぜひお気軽にお声がけいただければと思います。

ご家族にとって快適で暮らしやすい家を、一緒に考えましょう。
「Persimmon Home(パーシモンホーム)法隆寺モデルハウス」にてお待ちしております。
お電話にて予約をしていただけると、よりスムーズです。
■オープン時間/午前10時~午後5時(水曜・祝日は休み)
■電話番号/0745-74-3269

日都建設 パーシモンホーム
インテリアコーディネーター/二級建築士/福祉住環境コーディネーター
大北 澄