ブログ

ブログ

【施工事例】大阪狭山市Y様邸 ①玄関を開けると広がる、吹き抜けのあるリビング|奈良・大阪の新築・リフォーム パーシモンホーム 日都建設

こんにちは、Persimmon Home(パーシモンホーム)の日都建設です。

今日は、先月に外構工事が完了し、無事にお引き渡しを完了した大阪狭山市のY様邸をお披露目したいと思います。

Y様のお住まいの何よりの魅力は、玄関の扉を開けると広がる大きなリビングと、明るい吹き抜けです。
この空間がどのように実現したのか、その経緯を少しご紹介したいと思います。

最初の家づくりのお打ち合わせで、Y様は「こんな家を建てたい」というご家族のご希望を箇条書きにしてまとめてきてくださいました。
その中に、「玄関を開けてすぐにリビングという間取りにしたい」というものがありました。

詳しくお話をうかがうと、旅先で宿泊されたログハウスの間取りが玄関を開けてすぐにリビングで、それぞれの部屋の仕切りも少なく、その開放的な雰囲気をご家族の皆さんがとても気に入られたということです。

わたしは、「それは弊社の法隆寺モデルハウスとそっくり同じ間取りだ、Y様ご家族に絶対気に入っていただけるはずだ!」と思い、ぜひ見に来ていただくようにお願いしました。

後日、ご家族そろってモデルハウスにご来場いただくと、やはり「こんな感じ、こんな感じ!」と喜んでいただき、さらにご一緒だったお孫さんとお母様が明るい吹き抜けの空間をとても気に入ってくださいました。

そこで、吹き抜けも計画に入れて、モデルハウスの広さや間取りを参考にY様邸のプランニングがスタートしました。

こうして、明るく開放的なリビングが完成したのです。

また、ご家族には高齢のご両親もいらっしゃるため、バリアフリーにも配慮しています。

リビングと隣接する和室との境目も段差はなく、引き戸を寄せると1間半も大きく開いてオープンな空間に。
和室には障子窓のほか、季節のお花を飾るなど、床の間のように使っていただけるスペースもつくりました。

完成したリビングは南側の明るい日差しがたっぷりと差し込む清々しい空間になりました。

断熱等級も4と最高等級を取得しているので、大阪狭山市の中でも少し高台に建つY様邸ですが、寒さ厳しい冬でも1階のリビングを暖めておけば家全体が暖かく、2階は補助暖房だけでも快適に過ごしていただけるものと思います。

玄関からすぐリビングというオープンな間取りや吹き抜けの空間も、高気密・高断熱の家だからこそ快適な住空間が実現します。

ご家族にとって快適で暮らしやすい家を、一緒に考えましょう。
「Persimmon Home(パーシモンホーム)法隆寺モデルハウス」にてお待ちしております。
お電話にて予約をしていただけると、よりスムーズです。
■オープン時間/午前10時~午後5時(水曜・祝日は休み)
■電話番号/0745-74-3269

日都建設 パーシモンホーム
インテリアコーディネーター/二級建築士/福祉住環境コーディネーター
大北 澄