ブログ

ブログ

ベテラン主婦の方々も魅了される収納力とデザイン性。システムキッチン「リシェルSI」|奈良・大阪の新築・リフォーム パーシモンホーム 日都建設

こんにちは、Persimmon Home(パーシモンホーム)の日都建設です。

新築やリフォームをする際、選択に迷われることの多い「キッチン」。
どのメーカーさんの、どの製品を選べば良いのかなど、わからないことも多いのではないでしょうか。

わたしはお客様と一緒にショールームへ足を運び、住宅設備を選ぶお手伝いをする機会も多いのですが、実際に触れてみて多くの方が魅了されるキッチンが、LIXILの「リシェルSI」です。

今日は、法隆寺モデルハウスでも採用している「リシェルSI」の魅力についてご紹介したいと思います。

まず、多くの主婦の方が驚かれるのが、その収納力です。

シンク下の引き出しは、テコの原理で扉が斜めに傾いて軽い力で大きく開きます。手前の包丁やまな板がサッと取り出せるほか、引き出しは内部で3段になり、デッドスペースなく大小のお鍋やボウルから、浅いトレイや小物までをたっぷりと収納できる構造です。
また、以前はデッドスペースだった足元の蹴込み部分にある下段の引き出しも、ビール缶などのストックやホットプレートなどを入れられる深さがあり、収納力は抜群です。

約20年前の開き扉タイプのキッチンと比較すると、収納量も中の物の取り出しやすさも驚くほど進化したキッチン収納。
リフォームを検討されているベテランの主婦の方々にもご満足いただいている使い勝手の良さです。

さらに、「リシェルSI」の魅力は、豊富な扉デザインとカラーバリエーションです。
オープンなキッチンが増えている今、扉のデザインやカラーによってその印象はガラリと変わります。

法隆寺モデルハウスの内装デザインを検討していたとき、シャビーシックな1Fの雰囲気に合うキッチンを探していました。
「スモーキーなホワイトの扉にワークトップは黒で」というイメージにぴったりだったのがリシェルです。四方框の扉デザインと色、黒の取っ手の形、そしてワークトップの落ち着いた黒が選択の大きなポイントになりました。

上品で味わい深い表情とすぐれた耐久性をあわせもつセラミック製のワークトップを選ぶことができるのも、リシェルの大きな特徴です。

セラミックは熱や傷に強いことが特徴で、熱い鍋を直接置いても変色や変形がなく、金属などでこすっても傷もつきにくいため、ワークトップとして理想的。
焼きものならではの味わいある質感もインテリア空間を引き立てると好評です。
(ワークトップはセラミックの他、人造大理石、ステンレスの3つの素材から選ぶことができます)

「毎日長い時間を過ごすキッチンこそ、こだわって選びたい」という施主様に支持されている「リシェルSI」。
新築・リフォームを問わず、ぜひチェックいただきたいキッチンです。

参照URL/LIXIL「リシェルSI:使いやすさを高める機能性」
https://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/richelle/feature/feature02.htm

ご家族にとって快適で暮らしやすい家を、一緒に考えましょう。

※弊社モデルハウスは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間は「完全予約制」とさせていただきます。
来店の際は前日までに下記宛てにご連絡いただきますようよろしくお願い申し上げます。
■お問い合わせ先/0745-74-3269(開店時間/10:00~17:00、水曜・祝日は休み)

日都建設 パーシモンホーム
インテリアコーディネーター/二級建築士/福祉住環境コーディネーター
大北 澄