ブログ

ブログ

【住まいのノウハウ】奈良の気候に適した家を建てるには?|奈良・大阪の新築・リフォーム パーシモンホーム 日都建設

こんにちは、Persimmon Home(パーシモンホーム)の日都建設です。

猛暑だった今年の夏。ここ奈良の地も、関西の他の地域に負けず劣らず暑い日が続きました。
奈良県の気候は年間を通しておおむね穏やかですが、内陸性気候で1日の気温差が大きく、夏は暑く冬は底冷えする寒さです。

家づくりにおいても、わたし達はこのような奈良の風土を心に留めて設計・施工をおこなっています。

その土地の気候にあった家を建てるとき、最も大切なのはやはり気密・断熱性です。

「気密性の高い家」というのは、外の熱い(冬は冷たい)空気が入り込み、室内の快適な空気が逃げていく隙間をつくらないようにして建てられた家のことであり、「断熱性が高い家」とは、断熱材や断熱性の高いサッシを使うことで外の暑さ・寒さが屋内に伝わりにくい家のこと。

「高気密・高断熱の家」は、四季を通して快適で健康に過ごせるだけでなく、冷暖房のコストが抑えられ、環境にもやさしい住まいといえます。

また快適な住環境を実現するためには、気密・断熱性能とあわせて適切な換気システムを検討することも一つの方法です。

現在、全ての住宅に24時間換気システムの設置が義務づけられていますが、一般的な住宅では、給気口と排気口の両方に換気扇を設置して強制的に換気する第1種換気方式と、給気口は自然換気で排気口のみ換気扇を設置する第3種換気方式のどちらかを採用することがほとんどです。

確実に給排気をおこないたい場合は、設置費用やランニングコストはかかりますが、第1種換気方式を選び、室内の快適な温度をロスしない全熱交換器を採用すると、より効率よく冷暖房を使用することができます。
また、心地よい季節には窓を開けて自然の風を取り入れ、換気することもおすすめしています。

気密・断熱性能を高めたり、換気システムを検討したりすることで実現する快適な住まい。
これらの住宅の性能は、家を建てる際にきちんと考えておきたいものです。
Persimmon Homeでは、スーパーウォール工法をはじめとする全てのプランで省エネ等級4+耐震等級3という最高等級を取得した性能の高い家づくりをおこなっています。
家族が長い年月を過ごす住まいの環境について、ぜひお気軽にご相談ください。

ご家族にとって快適で暮らしやすい家を、一緒に考えましょう。

※弊社モデルハウスは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間は「完全予約制」とさせていただきます。
来店の際は前日までに下記宛てにご連絡いただきますようよろしくお願い申し上げます。
■お問い合わせ先/0745-74-3269(開店時間/10:00~17:00、水曜・祝日は休み)

日都建設 パーシモンホーム
インテリアコーディネーター/二級建築士/福祉住環境コーディネーター
大北 澄