ブログ

ブログ

【大和郡山市S様邸】高い省エネ基準をクリアした「低炭素住宅」|奈良・大阪の新築・リフォーム パーシモンホーム 日都建設

こんにちは、Persimmon Home(パーシモンホーム)の日都建設です。

このたび新たに家づくりが始動した大和郡山市のS様邸では、検討を重ねた図面が確定して、建築確認申請もおりました。こちらのお住まいは長期優良住宅に加えて、「低炭素住宅」の認定も取得しています。

今日は、高い省エネ基準をクリアした「低炭素住宅」についてお伝えします。

昨今、地球温暖化が問題となる中で、人口が集中し多くの二酸化炭素が排出される都市において二酸化炭素削減のための取り組み(低炭素化)を促進しようと、2012年に「都市の低炭素化の促進に関する法律(エコまち法)」が制定されました。

低炭素住宅はこの法律に基づいて認定された住宅で、その認定基準は、
●外皮の熱性能が省エネ基準と同等以上
●省エネ法の省エネ基準に比べて一次エネルギー消費量をさらに10%削減すること
●節水対策・雨水利用・HEMS又はBEMSの設置・ヒートアイランド対策など、低炭素に資する措置のうち一定以上を講じていること
とされています。(※市街化区域内等に建築されている建物に限ります)

つまり低炭素住宅とは、断熱性・気密性を高くしてエネルギーの無駄を省く省エネ性能を有していることを必須条件に、節水に資する機器(節水の便器や食洗機)や雨水利用設備の導入など、極力エネルギーの無駄を省いている住宅です。

長期優良住宅は省エネ基準のほかにも、劣化対策や耐震性、バリアフリー性など9つの認定基準があることと比較すると、低炭素住宅は省エネ性能に特化したものと言えます。

さらに低炭素住宅の認定を受けると、住宅ローン減税の控除対象借入限度額の拡充や、フラット35sの金利など、長期優良住宅と同じ優遇が受けられることもメリットとして挙げられます。

家を建てるときに住まいの省エネ性能をしっかりと考えておくことは、ご家族の快適で健康な暮らしを実現することに加えて、冷暖房・換気・給湯・照明などの光熱費をこれから先の長いスパンで軽減していくことにもつながります。
省エネ性能を重視した家づくりの一つの選択肢として、低炭素住宅も検討されてはいかがでしょうか。

ご家族にとって快適で暮らしやすい家を、一緒に考えましょう。

※弊社モデルハウスは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間は「完全予約制」とさせていただきます。
来店の際は前日までに下記宛てにご連絡いただきますようよろしくお願い申し上げます。
■お問い合わせ先/0745-74-3269(開店時間/10:00~17:00、水曜・祝日は休み)

日都建設 パーシモンホーム
インテリアコーディネーター/二級建築士/福祉住環境コーディネーター
大北 澄