ブログ

ブログ

【住まいのノウハウ】24時間換気をしっかり機能させて、この時期も快適な空気環境に

こんにちは、Persimmon Home(パーシモンホーム)の日都建設です。

雨が多くなり、家の中にいてもジメジメとした不快な湿気が気になる季節になりました。
室内の空気がこもり、湿度が高くなるとカビやダニなどが繁殖しやすくなることから、この時期は特に室内の空気を動かし、新鮮な空気を取り入れる「通気」と「換気」が大切です。
今日は、きれいな空気で健康に過ごすための「換気」についてお伝えしたいと思います。

「換気」というと、窓を開けて空気を取り込むイメージですが、住まいには24時間換気システムが機能しているのをご存じですか。
高気密化した住宅では空気が入れ替わりにくく、ホルムアルデヒドなどの化学物質などが室内に充満するシックハウス症候群が問題になったことから、2003年に設置を義務づけられた24時間換気システム。その多くが「第3種換気方式」で、給気口から自然に風が入り、換気扇で排気しています。(住宅ではこのほかに、排気も給気も機械で行う「第1種換気」があります)

外から空気を取り込む給気口がどこにあるかというと、サッシの上部框にある「給気ブレス」や部屋の壁にある四角い給気口です。ここを常時開けておくことで給気が可能になり、キッチンやトイレにある換気扇から排気ができます。24時間換気システムは、リモコンスイッチで停止させることはできますが、基本的には常時回しておくようにしましょう。
窓を開けておこなう換気と同様に、24時間換気システムも給気と排気を両方機能させて、計画的に空気の通り道を作ることが重要です。

住まいのあちこちにある給気口から新鮮な外気を取り入れて家の中を空気が通り過ぎると、室内に空気の淀みがなくなり、カビ・ダニ対策にも有効です。
今年はコロナの影響もあり、例年以上に換気が気になりますが、24時間換気システムをしっかり機能させて、室内にきれいな空気を取り入れ、快適にお過ごしください。

ご家族にとって快適で暮らしやすい家を、一緒に考えましょう。

※弊社モデルハウスは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間は「完全予約制」とさせていただきます。
来店の際は前日までに下記宛てにご連絡いただきますようよろしくお願い申し上げます。
■お問い合わせ先/0745-74-3269(開店時間/10:00~17:00、水曜・祝日は休み)
※日曜日は、事前にご予約いただいた場合のみ開店しておりますので、事前予約をお願いいたします。

日都建設 パーシモンホーム
インテリアコーディネーター/二級建築士/福祉住環境コーディネーター
大北 澄