ブログ

ブログ

【住まいのノウハウ】形や色も多様に。高機能で美しい窓を選ぶ

こんにちは、Persimmon Home(パーシモンホーム)の日都建設です。
光と風を取り入れ、外観・内観とも家のデザインに大きく関わる窓。
プランの際、どのような観点で窓選びをするとよいのか、最近のお客様のお好みも含めてお伝えしたいと思います。

●第一に「断熱性能」を重視して、快適&健康な住まいに
窓を選ぶときに一番重要なのが「断熱性」。窓は壁に比べて断熱性が低く、熱の流出入が多いので、窓を大きくすると冬は熱が逃げて寒く、夏は日射を通して暑くなってしまいます。
昔から日本人は大きな窓の家を好みましたが、今では必ずしも大きい窓を選ばずに、方角によっては窓を小さくしたり、減らしたりと考え方も変化しています。
パーシモンホームでは、アルミと樹脂のハイブリッド窓+Low-e複層ガラスで高断熱・高遮熱の窓を採用しています。冬は暖房熱を逃さず、夏は日射熱を大きくカットするので、一年中快適に過ごせる上に、結露を予防し、冷暖房費を節約することができます。

●部屋に合わせて選びたい。多様化している「形」や「開閉の形態」。
以前は、窓といえば左右どちらからでも開く引き違い窓が中心でしたが、今は形や開閉のタイプも多様になり、用途やデザインで使い分けできるようになりました。
例えば南側の大きな窓は、「大きなFIX窓+両側に縦すべり出し窓」で眺望も風通しもよくしたり、縦すべり出し窓を3~4つ並べてデザインのポイントにしたり。
横すべり出し窓や、上げ下げ式の窓も、採風・採光がよいので人気のある形です。

●内観色・外観色を別々に選んで、どちらも納得のカラーに
窓の形が決まったら色選びに入りますが、重視されるのが外壁の色との兼ね合いなど、窓の外観色です。パーシモンホームで採用しているサーモスⅡ-h※は、外観5色と内観5色(木目柄3色およびブラック・ホワイト)を自由に組み合わせて選べるので、お客様に大変好評です。外観・内観ともにCGでシミュレーションしながら決めていきます。
※サーモスⅡ-hは、パーシモンホームの3つの商品ラインナップのうち、「グロリアス」「スーパーウォール」で採用しています。「マイスター」では、サーモスLを採用しています。

外観やインテリアの美しさだけでなく、住まいの快適さにも直結する窓。
「性能」・「形」・「色」に注目して、満足のいく窓選びをしていただけたらと思います。

ご家族にとって快適で暮らしやすい家を、一緒に考えましょう。

※弊社モデルハウスは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間は「完全予約制」とさせていただきます。
来店の際は前日までに下記宛てにご連絡いただきますようよろしくお願い申し上げます。
■お問い合わせ先/0745-74-3269(開店時間/10:00~17:00、水曜・祝日は休み)
※日曜日は、事前にご予約いただいた場合のみ開店しておりますので、事前予約をお願いいたします。

日都建設 パーシモンホーム
インテリアコーディネーター/二級建築士/福祉住環境コーディネーター
大北 澄