ブログ

ブログ

【リフォーム事例】キッチンに立つ時間も、子どものそばにいる時間に|奈良・大阪の新築・リフォーム パーシモンホーム 日都建設

こんにちは、Persimmon Home(パーシモンホーム)の日都建設です。

ここのところホームページの施工事例を増やす作業をしています。
これまでご紹介できていなかったリフォームの施工事例も載せていきますので、ぜひチェックしてみてください。

今日は、一昨年大阪市内でおこなったLDKのリフォームをご紹介します。

築年数の古い家はキッチンとダイニング・リビングが分かれていることが多いものですが、子育て真っ最中のお母さんにとっては、使いにくい間取りでもあります。初めてお話をお伺いしたときに「今、すごく不便」とおっしゃるポイントがいくつもあり、それを解消するためのリフォームがはじまりました。

1階で家業を営み、2階が生活の場であるI様邸。
働くお母さんであるI様も1階での仕事の合間に2階に上がって家事をして、小さいお子様にごはんを食べさせたり、宿題を見たりしています。
しかしリビングとキッチンの間が壁で仕切られているためキッチンは孤立し、お子様に背を向けて調理をされていました。

お母さんにとっては「キッチンにいる間は子どもの様子がわからない。ごはんをちゃんと食べられているかも見られない」、お子様にとっては「お母さんがキッチンにいる間は会えない」「宿題をそばで見てほしいのに、見てもらえない」という状態でした。

そこで、隔たりをつくっていた壁を取り壊し、見通しのきく18畳のLDKに。
家族とコミュニケーションを取りやすい対面式のキッチンにレイアウトを変更しました。

対面式キッチンは、背後に家電や食材、食器の収納スペースも確保できるため、家事の効率もアップします。
さらにカウンターをつけて、簡単な食事や宿題などができるスペースも造りました。

施工後は、キッチンに立っている間もリビングで遊ぶお子様の様子を見守ることができるようになりました。カウンターでは、宿題をしたり忙しい朝に朝食を食べたりもできます。
LDKでの過ごし方が劇的に変わり、親子のふれあう時間がさらに増えたというI様邸。

リビングには収納を増設し、窓まわりは新しい窓枠とサッシを入れて気密性をアップさせました。冬場の冷え込みなどが緩和されて、快適を感じていただいていれば幸いです。

ホームページでは、さらに多くの写真をご紹介していますので、ぜひご覧ください。
https://nitto-con.co.jp/results/5061/

ご家族にとって快適で暮らしやすい家を、一緒に考えましょう。

※新型コロナウイルス感染拡大に伴って緊急事態宣言が発令されたことを受け、弊社モデルハウスは当面の間、臨時休館することといたしました。
お客様には大変ご不便をおかけしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
■お問い合わせ先/0745-74-3269(水曜・日曜・祝日は休み)

日都建設 パーシモンホーム
インテリアコーディネーター/二級建築士/福祉住環境コーディネーター
大北 澄