ブログ

ブログ

<リフォーム 施工事例> ②和室&古いキッチンを15畳のバリアフリーのLDKに|奈良・法隆寺の新築・リフォーム パーシモンホーム 日都建設

こんにちは、Persimmon Home(パーシモンホーム)の日都建設です。

前回に引き続き、今回も法隆寺に程近い築40年のお家のリフォームについて紹介したいと思います。

以前には、8畳の座敷の続き間となる6畳の和室とダイニングキッチンのあった1階の奥側。
この2つの間をバリアフリーのフローリングで15畳のLDKにし、間仕切りに上吊り方式のスクリーンウォール(引き戸)をつけました。
扉は上から吊っているため床にレールがなく、開け放つと広々とした空間に。

閉じても圧迫感がなく、明るさや人の気配が伝わります。この提案は、施主様にも大変喜んでいただきました。

また、システムキッチンの入るコーナーはもともと天井が低く、釣り戸棚や換気扇がきれいに入らなかったので、思い切って予算を割いて天井をあげる工事をしました。
これで奥行60cmのキッチンと吊り戸棚、換気扇がきれいに収まりました。

続いて2階へ。
昇り降りするたびにギギッと音が鳴っていた階段も、全部解体し、大工さんに直してもらって頑丈な作りに生まれかわりました。
2階は8畳の和室と書斎となる洋室、納戸として使える洋室があります。

納戸は屋根の部材となる母屋(もや)や垂木が傷んでいたため大幅に補修したほか、他の2部屋も新しく断熱ペアガラスのサッシをとりつけました。
押し入れは、もともとはベニア仕上げの予定でしたが、クロス屋さんがきれいにクロスを貼って仕上げてくれたので、新品のようになりました。

写真①:以前のふすま4枚分の開口部を、両端2枚分は構造壁にして補強(写真右側の壁)。

写真②:天井をあげることで、既存の窓と新しい吊り戸棚やキッチンがきれいに収まった。

写真③:食卓を照らすペンダントライトも新設。

写真④、⑤:施工中のLDK。床・壁・天井をめくり耐震補強と断熱対策をおこなっています。

写真⑥:階段も大工さんがしっかりと作り直してくれました。

写真⑦:2階の書斎。若草色の聚楽の壁とフローリングがマッチした落ち着く空間です。

写真⑧:屋根の母屋やバラ板が剝き出しでしたが、下地工事をしてクロスを貼ると納戸もきれいになりました。

ご家族にとって快適で暮らしやすい家を、一緒に考えましょう。
「Persimmon Home(パーシモンホーム)法隆寺モデルハウス」にてお待ちしております。
お電話にて予約をしていただけると、よりスムーズです。

■オープン時間/午前10時~午後5時(水曜・祝日は休み)
■電話番号/0745-74-3269

日都建設 パーシモンホーム
インテリアコーディネーター/二級建築士/福祉住環境コーディネーター
大北 澄