ブログ

ブログ

【法隆寺モデルハウスのここに注目】③外壁が3種類…素材の質感や違いを比較・検討ください|奈良・法隆寺の新築・リフォーム パーシモンホーム 日都建設

こんにちは、Persimmon Home(パーシモンホーム)の日都建設です。

 

Persimmon Home法隆寺モデルハウスのオープン2周年を機会に、改めて法隆寺モデルハウスの見どころをご紹介しています。

今回は、3種類の異なる材質を組み合わせた外壁についてご紹介したいと思います。

外壁は、モデルハウスの正面は吹き付けの白壁、側面には黒のガルバリウム鋼板、奥側にサイディングを使用し、その質感・特徴の違いをお客様にご覧いただいています。

 

まず、吹き付けの白壁ですが、弊社ではアイカ工業のジョリパットという塗材を採用しています。

この塗材は、耐候性があって色あせがしにくく、汚れがつきにくい点に定評があります。

弊社の吹き付けは、外壁の下に空気が通る層を設けて壁体内の結露を防止する通気工法を施し、サイディングの下地の上に吹き付け塗装をしているので、費用的にはサイディングよりも高くなります。また、手入れの面で手がかかるというデメリットもあります。

白壁と対照をなす黒い壁はガルバリウム鋼板です。

おしゃれな暗色と耐久性の高さが人気で、外壁材だけでなく屋根材としても多く選ばれています。

 

モデルハウス側面の奥はサイディングです。

弊社はケイミュー社のサイディングを採用していますが、光セラ(晴れの日は光触媒で汚れを分解し、雨の日に汚れを雨水が浮かせて洗い流す)という高い機能性が他にない魅力です。

デザインのバリエーションも豊富なため、多くのお客様がサイディングを選択されています。

弊社では、外装の打ち合わせではお好みの色やテイストをうかがってCG(コンピュータグラフィックス)を作成します。

外壁材のサイディングは柄や色のバリエーションがとてもたくさんあるため、CGにすることでイメージをつかみやすくなり、お客様にも好評いただいています。

 

このほか法隆寺モデルハウスでは、室内でも内壁や床材にバリエーションを持たせて、お客様に比較検討をしていただいています。
内壁と床材については、次回の投稿でご紹介します。

 

★【法隆寺モデルハウスのここに注目】のバックナンバーは、下記のリンクよりご覧いただけます。

【法隆寺モデルハウスのここに注目】①女性の視点で、自分らしく過ごせるインテリアに

【法隆寺モデルハウスのここに注目】②インテリアの楽しみが広がる2階をご覧ください

 

 

ご家族にとって快適で暮らしやすい家を、一緒に考えましょう。

「Persimmon Home(パーシモンホーム)法隆寺モデルハウス」にてお待ちしております。

お電話にて予約をしていただけると、よりスムーズです。

■オープン時間/午前10時~午後5時(水曜・祝日は休み)

■電話番号/0745-74-3269

 

日都建設 パーシモンホーム

インテリアコーディネーター/二級建築士/福祉住環境コーディネーター

大北 澄