ブログ

ブログ

【日都建設の家づくり】③職人のチームワークで、その技術が発揮できる家づくりを

こんにちは、Persimmon Home(パーシモンホーム)の日都建設です。

 

「日都建設の家づくりにかける想い」について先週から書かせていただいています。

前回は、「耐震等級3、省エネ等級4という今一番よいとされている性能の住宅をお客様に提供する」ということについてお伝えしました。今日は、それを確実なものにする職人さんの施工について書きたいと思います。

 

構造体工事の根幹を担うのが大工工事です。

日都建設では、経験豊かな棟梁が一人でその家のすべての大工仕事を担っています。

構造体の工事はもちろん、作り付けの棚や机・収納家具などの複雑な造作に至るまで、お客様の意向に沿ったものを品質高く施工する技術力に、弊社スタッフも全幅の信頼を寄せています。また、専任の大工には一級技能士の資格も取得してもらうなど、更なる技術の向上につとめています。

経験豊富な棟梁が何人もいることは、日都建設の宝です。

 

さらに棟梁は、工期中のさまざまな工事にたずさわる職人さん・業者さんの取りまとめも行いながら家を作り上げていきますが、職人のチームワークも工務店としての財産だとわたし達は自負しています。

家づくりには大工さんの他にも20を越える職種の職人さんがたずさわっていますが、日都建設では45年の家づくりの実績から、各ジャンルのトップクラスの業者さんを厳選し、職人さんを指名した精鋭チームで最高品質の施工を実現しています。

 

 

それに加え、「誰でも自分の家を建てるときには、どんな小さな工事もきっちりとやってほしいもの」「スーパーや道の駅で売っている野菜や果物には生産者の顔が見えるのに、自分の家を誰が作ったかわからないというのはおかしいのではないか」との想いから「この仕事は誰が責任をもっておこなった」という顔の見える家づくりを実践しています。

 

以前あちこちの現場をまわるベテランのクロス屋さんに、「日都建設の大工さんの仕事は本当にきれいだ。ビスが1つでもでていたら下地のパテを塗る手も止まるけど、ここは仕上がりがきれいだから仕事もはかどる。わたし達もさらにきれいにしようと思ってがんばれる」と言っていただいたことがあります。

職人さん達がお互いに信頼し合って気持ちよく仕事をすることで更にその技術が発揮され、良い家が建てられていく。そういう家づくりに取り組むことが工務店の役割だと考えています。

 

 

ご家族にとって快適で暮らしやすい家を、一緒に考えましょう。

「Persimmon Home(パーシモンホーム)法隆寺モデルハウス」にてお待ちしております。

お電話にて予約をしていただけると、よりスムーズです。

■オープン時間/午前10時~午後5時(水曜・祝日は休み)

■電話番号/0745-74-3269

 

日都建設 パーシモンホーム

インテリアコーディネーター/二級建築士/福祉住環境コーディネーター

大北 澄