ブログ

ブログ

【はじめての家づくり 基礎知識】 ⑩工事請負契約のチェックポイント|奈良・大阪の新築・リフォーム パーシモンホーム 日都建設

こんにちは、Persimmon Home(パーシモンホーム)の日都建設です。

折々に投稿している「はじめての家づくり 基礎知識」について、2月は、設計・お見積もりの決定~工事請負契約~建築確認申請についての流れをお伝えしました。
よろしければ、下記のバックナンバーもご覧いただければと思います。

【はじめての家づくり 基礎知識】 ⑧プランの作成~依頼する工務店を決める

【はじめての家づくり 基礎知識】 ⑨工事請負契約~建築確認申請へ

軽微な変更以外はないレベルで図面が確定し、建築費(工事請負金額)が決定すると、施主様と工務店は工事請負契約書にもとづく契約を結びます。
工事請負契約書できちんと確認したいポイントは、「支払い条件」と「工事期間」のふたつです。

 

まず、「支払い条件」については、契約を交わす前に工務店とよく話し合っておくことが大切です。
注文住宅の支払い条件は会社によってもさまざまですが、一般的には、①契約時の工事着手金、②上棟時の中間金、③引き渡し時の残代金、と3回の支払いタイミングがあります。

支払い可能な自己資金額はいくらか、また住宅ローンの融資実行がいつになるのか、つなぎ融資は利用できるのかを事前に確認し、資金不足にならないように、工事請負代金総額に対してどの段階でどれぐらいの割合で支払うのかを工務店や銀行と相談しておくことが大切です。

また、「工事期間」についても事前に確認しておくことが大切です。
いつぐらいの時期には入居したいという旨を契約前に伝えておきましょう

大抵の方は、工事期間を聞いてから今お住まいの家の退去日を決められますが、まれに社宅などで「いつまでに退去しなければいけない」というケースがあり、そのような場合は必ず工務店にお知らせいただければと思います

施主様自身が充分に納得され、安心してご新居の工事請負契約を弊社と締結できるように、わからないことやご不安な点は遠慮なくお声がけください。
つながりのある銀行やローン会社のご紹介もできますので、融資についてもご相談いただければと思います。

これまでの【はじめての家づくり 基礎知識】内容は以下のリンクからご覧いただけます。
【はじめての家づくり 基礎知識】①土地選びのチェックポイント

【はじめての家づくり 基礎知識】②注文建築の良さとは

【はじめての家づくり 基礎知識】③モデルハウスでは何を見る?

【はじめての家づくり 基礎知識】④家づくりの資金計画

【はじめての家づくり 基礎知識】⑤どんな家が建てたいのかをどう伝える?

【はじめての家づくり 基礎知識】⑥間取りを決める2つの柱

【はじめての家づくり 基礎知識】⑦水まわりの位置を動線から考える

ご家族にとって快適で暮らしやすい家を、一緒に考えましょう。
「Persimmon Home(パーシモンホーム)法隆寺モデルハウス」にてお待ちしております。
お電話にて予約をしていただけると、よりスムーズです。
■オープン時間/午前10時~午後5時(水曜・祝日は休み)
■電話番号/0745-74-3269

日都建設 パーシモンホーム
インテリアコーディネーター/二級建築士/福祉住環境コーディネーター
大北 澄