ブログ

ブログ

【はじめての家づくり 基礎知識】 ⑪いよいよ着工!地鎮祭と地盤調査|奈良・大阪の新築・リフォーム パーシモンホーム 日都建設

こんにちは、Persimmon Home(パーシモンホーム)日都建設です。

前回の投稿に引き続き、工事請負契約~建築確認申請といった段階の家づくりの流れを紹介していきたいと思います。

 

工事請負契約が完了して、家づくりはさらに進みます。

土地の決済がすみ、晴れて施主様が土地の持ち主になられたところで地鎮祭をおこないます。地鎮祭とは、建物を建てる際に土地の神様を祀り、工事の無事安全を祈る祭事です。一般的には、家を建てる場所に近い神社から神職の方をお招きして執り行います。

 

 

土地決済後、地鎮祭と同時進行ですぐにおこなうのが地盤調査です。基礎や建物がどれほどしっかりと建っていても、地盤の状態が悪ければ徐々に建物が傾くなど不同沈下の原因となってしまいます。専門の地盤改良会社に依頼して調査をし、調査結果に応じて杭を打つなどの地盤改良工事をおこないます。地盤調査と改良工事は、施主様が安心・安全に暮らせる家づくりの第一歩です。

 

 

地盤の施工が完了すると、調査報告書と写真つきの施工報告書が作成され、10年の地盤保証がつきます。10年というと短いのではと感じられる方もおられるかもしれませんが、建てた家の重みによる土地の不同沈下が起こるのは、家が建ってから約3年以内のことが多く、そのようなことからも地盤保証制度は10年間とされています。

 

地盤改良工事が終わると、いよいよ基礎工事へと進みます。一方で、図面上では外装を筆頭に内装・設備などさまざまなことを決めていく作業が続きます。

また折を見て、これらの過程についてもご紹介していきたいと思います。

 

これまでの【はじめての家づくり 基礎知識】内容は以下のリンクからご覧いただけます。

【はじめての家づくり 基礎知識】①土地選びのチェックポイント

【はじめての家づくり 基礎知識】②注文建築の良さとは

【はじめての家づくり 基礎知識】③モデルハウスでは何を見る?

【はじめての家づくり 基礎知識】④家づくりの資金計画

【はじめての家づくり 基礎知識】⑤どんな家が建てたいのかをどう伝える?

【はじめての家づくり 基礎知識】⑥間取りを決める2つの柱

【はじめての家づくり 基礎知識】⑦水まわりの位置を動線から考える

【はじめての家づくり 基礎知識】 ⑧プランの作成~依頼する工務店を決める

【はじめての家づくり 基礎知識】 ⑨工事請負契約~建築確認申請へ

【はじめての家づくり 基礎知識】 ⑩工事請負契約のチェックポイント

 

ご家族にとって快適で暮らしやすい家を、一緒に考えましょう。

「Persimmon Home(パーシモンホーム)法隆寺モデルハウス」にてお待ちしております。

お電話にて予約をしていただけると、よりスムーズです。

■オープン時間/午前10時~午後5時(水曜・祝日は休み)

■電話番号/0745-74-3269

 

日都建設 パーシモンホーム

インテリアコーディネーター/二級建築士/福祉住環境コーディネーター

大北 澄